管理もバランスを考えて。。。

そのリフォーム工事本当に必要ですか@賃貸職人です

最近またサブリースの話をよく耳にするようになりました。
オーナー様にとっては一定額が決まって入ってくる安心感がありますね。
その代わりに収益物件の美味しいところはすべてサブリース先に持っていかれるというデメリットもあります。
現状空室のお部屋を家賃保証するかわりにサブリース会社より結構高額なリフォーム工事を要求されます。
最近聞いた実際の話
3DK→2LDKへの間取り変更、浴室、キッチンすべて新品交換
総額約100万弱の工事
恐らく賃料保証額は5万円弱。。。
実際にはすぐには保証してくれず3ヶ月程度の客付猶予期間を設けられます。
猶予期間も入れると工事代金を回収するのに約2年。。。
長いですね(^_^;)
その2年の間に他のお部屋で退去が出ればまた100万円の工事を要求されるでしょうし(^_^;)
そして既存物件のサブリースは大概2年毎に借り上げ賃料の見直しが入るので
2年間の賃貸状況によっては減額を要求されるかもしれません。
弊社ではサブリースまでは対応が出来ませんが
サブリース会社の工事代金はそこにもタップリと収益を乗せているので
同じ工事を弊社ですると半分程度の金額で出来る場合もあります。
またそのリフォーム工事は本当に必要な工事でしょうか。
どう考えるかはオーナー様次第です。
サブリースを全否定するわけではありませんが大切なのは選択肢の中から選ぶということ。
賃貸経営でお悩みの事があればどうぞお気軽にご相談ください。
意外なところを改善するとサクサク入居者様が決まる場合もありますよ♪
2097

高松市の賃貸情報満載!
賃貸職人のいるお店
ライブエステート
LINEでお部屋の問い合わせ!
友だち追加