退去の手続き

シーズンなので@賃貸職人です

9月10月は賃貸不動産はシーズン的に第2繁忙期と言われます。
転勤やら結婚やらでご退去の問い合わせも増えてまいりました。
ここであらためて基本を確認
退去の手続きってどうしたらいいの。
お部屋のご退去が決まったらまず最初に大家さんに連絡しなければいけません。
最近は大家さん直接ではなく管理会社を通しての手続きが多いかな。
後は最初に交わした契約書が基本になりますが
ご通知をしてから1か月後が解約となるパターンが多そうです。
突然明日退去しますっていわれても大家さんも困ってしまいますから。
契約内容によって解約月は日割り適用できたり15日、末日のみ解約だったり末日のみが解約日になったりするので
ご自身の契約書をよく確認しないといけないですね。
急な転勤などで解約日と退去日に大きく差が出る場合
(例えば解約日が25日で退去日が10日など)
住んでないのに賃料を払うのは損をした気になるかもしれませんが
退去した後のお金は1月前の解約不足の違約金という扱いになります。

解約の通知が終わったらあとは各ライフラインに名義変更の連絡をします。
その後解約日が到来するまでに明け渡しの準備をして退去立会いを行います。
退去立会い時に管理会社や大家さんにお部屋のチェックをしてもらって鍵を返却して終了です。
退去立会い後は部屋には入れないので家財が何もない状態にしなければなりません。
最近は退去立会いをせずに鍵だけ返してくださいって不動産屋さんが多いみたいですね。
弊社では後々のトラブル回避の為に基本的には退去立会いをさせていただいています。
不明点があれば契約した不動産屋さんに連絡してみましょう、
何事も早め早めの連絡をお勧めします。
hikkosi

高松市の賃貸情報満載!
賃貸職人のいるお店
ライブエステート
LINEでお部屋の問い合わせ!
友だち追加